社長メッセージ

「トータルプランニングによる、
  紙とインターネットのハイレベルな融合」
そんな理念をベースに2005年9月、有限会社デジほんは設立されました。

 それ以前から、出版とインターネットの融和というキーワードが頻繁に語られ、試行錯誤が繰り返されましたが、どうしても、紙媒体、あるいはインターネットメディアからの一方向に偏ったアプローチになる傾向が強く、ほとんどの事例では表層的な融和に終わるケースが多かったように思います。

 デジほんの考えるこれらの融合とは、紙媒体とインターネットメディアのシームレスな関係性を前提としており、形式だけの融合ではなくエンドユーザーが無意識に近い状況で実感できる融合です。幸いにも、デジほんには、出版業界、インターネット/携帯インターネット業界双方を経験してきた強力なメンバーが集結しました。出版、インターネットを一方の視点からのみ調理するのではなく、全体を俯瞰して捉え、トータルプランニングしていく。それぞれの特性を生かした新しい時代のメディア、サービス創出、それがデジほんの目指すゴールです。

 デジほんの業務領域には、明確な境界線を設けません。企画、提案から、サービス開始後の運用まで、ワンストップで行えるのが強みです。企画を立体的に捉え、メディアの枠や既定のプロセス、役割にとらわれず、トータルでプランニングする中で、絶えずコンテンツの入口と出口を探し求め、あらゆるコンテンツの形を追い求める。これにより、有機的なメディア、サービスの発展を狙っていきたいと考えております。

代表取締役 橋本 裕之